YYC出会い体験談 セクレポ

【セクレポ】まさか…処女と出会えるなんて[Rさん 21才 大学生]

男はみんな処女が好きは嘘である。
どうもRANです。

なぜ処女は男性に絶大な人気を誇るのだろうか。
答えはいたってシンプル。深く考える必要もない。
もっとも愛される要素としてはやはり
“男を知らない”
これに尽きるのではないだろうか。
何も知らない相手ならば仮に自分に自信がなくとも
他の男と比べられることもない。いわば自分色に染められるという点。

あとは汚れなき潔白という点。
ただ全く汚れを知らない処女というのは極めて稀であり、
キス、またはフェラは経験済みという落とし穴があったりする。

自分が知り合った女性の中にも
「挿入が怖くてセックスできない処女」
がいたがフェラはめちゃめちゃ上手かったw

ただ男は基本的には愚…いやピュアな生き物。
処女を好む気持ちもわからなくもな…い?どうよ、Justin?

ヤリチンさんとチャラ男さん。処女はどうよ?

Ran

Justinは処女どうよ?

唐突だなw
ジャスティンを慕って求めてくれるなら来るもの拒まず。
ヤリマンも処女も同様に扱う

Justin
Ran

ほんとに?
相手が処女でもノリノリでいつものテンションでいくの?

まぁ本心ではない。本心ではないけれど。
正直ちょっと面倒くさいw

Justin
Ran

なんと!処女は面倒くさいですとー??

いや本心ではないよwだけどなんていうかなぁ…
一つ一つが儀式的になるじゃん?

Justin
Ran

儀式的?本日卒業させていただきます。よろしくお願いします的な?w

そうそう。相手のことを思いやる。はどんな相手でも同じつもりではいるけどさ。
処女ってことで純粋に楽しめない要素がいろいろと出てきちゃったりするじゃない?

Justin
Ran

記念すべき“初めての人”になることに魅力を感じないということで?

イメージだよ?俺が思ってるわけじゃなくてイメージだよ?
卒業したあとさ…なんかさ…いろいろ重そうじゃんw

Justin
Ran

なんと!処女はヤッた後が面倒くさそうだから嫌いですとー??

いやーめちゃめちゃカワイイ女性の処女をいただいてさ。
それからも俺色セックスに染めてやるぜーむふふ♪みたいなことを夢みたりするけれど…
現実はそんなに甘くないw

Justin
Ran

まー確かに処女と出会うことだけでもハードルが高いのに。
そこにクオリティーとか求め始めたらそれは夢以上の夢物語だね

正直にいうと…
処女より経験人数1人のほうが俺は燃える!
本当のセックスをジャスティンが教えてやるぜぇ~って!

Justin
Ran

さすがだねw

処女 Rさん(松平璃子似)との出会い

出会い系アプリといってもRANは普通の“趣味友達”も探す。
もちろん下心はあるw
以前How to記事でも触れたが趣味は出会いのとっかかりとしては武器となる。
たとえ相手が大人の関係を望んでいないとしても。
“趣味友達”としての関係が続くのならばRANにとってそれは十分な収穫。
自分はSEXしたいだけだよー!
って思っている人でも、一度ぜひ趣味に着目してみてほしい。
実生活でも相手が興味あるものを調べたりするうちに
相手以上に自分がそれにハマっちゃうことも全然あったりするしね。

最近カメラ買ったけど下手過ぎで困ってます。カメラ好きの人にいろいろ教えてもらえたら嬉しい

Rさんはこんな感じのプロフィールだったと思う。
自身がカメラを構えているベタな画像だったから、ちょっと怪しんだけどw
始めたてなんだろうなってカメラだったからアプローチかけてみた。

かなり関心を持ってくれたRさんと秒でライン交換。
お互い撮った写真を送り合ったりしてハイペースで親しい関係になれた。
とはいえ当初、エロRANは全面的に封印していたw
さっきの話のように一緒に趣味を楽しめるのなら、RANはそれでも満足なのだ。

実際に会ってお茶したり、一緒に撮影(エロい被写体ではないw)を楽しんだりした。
大学の入学をきっかけに地方から出てきたというRちゃん。
ボブが似合うナチュラルな雰囲気が可愛い女性(松平璃子似)だった。

喫茶店で恋愛話をしたのは、たしか三回目の対面の時だったと思う。
彼氏とかいるのって聞いた時
「彼氏がいたことがない」
こ、これはと思った。だけど交際しなくても性交はしても不思議じゃないからな。
変な勘違いしても恥ずかしいから、あまり考えないようにしようって思ったw

処女 Rさん(松平璃子似)と意外な展開

Rさんと出会って三ヶ月くらい経った頃。
日常的にラインの挨拶。月一くらいでお茶&一緒に撮影(エロい被写体ではないw)などする関係になっていた。
RANがRさんを撮ることもあり(エロい写真ではないw)それをRさんはとても気に入ってくれていた。

そんなある日、撮影が終わった帰り道。
「初めてはRANさんがいい」
と告白された。うわ~いいんですか?いいんですか?いただいちゃっていいんですか?
正直、その時は舞い上がった。

が、我に返った。Rさんが初体験→交際と考えているのはまず間違いないだろう。
こんなヤリチン野郎が若々しい大学生と初体験の相手になった後に初めての彼氏に…
ないないないない。ゲスいRANでも好意をよせてくれている健気な女性の気持ちは踏みにじれない。

たしかに勿体ない。けれど変に期待させてもRさんに悪いと思いストレートに伝えた。
「処女を卒業させてあげれたとしても。Rさんとは付き合ったりすることはできない」

「付き合ったりしなくていいの。だけど初めての相手はRANさんがいい」

ならば男たるもの…ヤルしかない

処女 Rさん(松平璃子似)の初エッチ

確かにいざ処女卒業を目論む日は儀式的になる。
その時もうひょー!というテンションではなかった。
いろいろと考えるとキリがないから、素事前にシティホテルを予約した。

Rさんと待ち合わせた後、ホテルへ行く前に喫茶店へ。
ここで気が変わって、やっぱりエッチするのはやめたいと言われても構わなかった。
根は常識人で優しい。変態ヤリチンというのは否定しないが、どうかRANのことを誤解しないでほしいw

明らかに緊張していたRさん。RANもRANでちょっと変なテンション。
ああいう空気はあんまり味わいたいものではないな。
「本当にいいの?」が中心の会話。なんだこれって感じだけど女性にとっては特別なイベント。
Rちゃんの心の準備が出来たらホテルに向かおう。とはいったものの時間が進むのがとても遅く感じた。

喫茶店を出て、ホテルに移動。
シャワーを浴びてる時に気が変わったなら、それでも構わなかった。
気が進まない…というよりも、趣味友達から始まった関係ということもあり…やっぱり重いのだ。
Rさんの次にRANがシャワーへ。勃つかなぁっとちょっと…いやかなり心配になってきたw

ふと目を向けるとシャワーの時にメイクまで落としていたRさん。
慣れていないことをRANは瞬時に感じ取った。
キスやフェラも経験ないのか?いや…今はあれこれ考えるのはやめよう。

「キスするよ?」と確認してからのスタート。初々しい。こ、これはと思うが深く考えない。考えない。
愛撫を始めても完全にマグロ状態のRさん。とはいえRANもプロ(なんのプロかはわからないが)。
己を鼓舞しながら、些細な反応を見落とさないように注意深く愛撫する。

やはりRANちんこの反応は鈍め。
できたらでいいよとフェラをお願いするもの気持ち良くはない。むしろ歯が当たりまくりで痛い。
だけども不慣れな若い女性が頑張って舐めてくれているのだ。奮い立たせろ。ちんこを奮い立たせるのだ。

奮い立たせたのはいいが…RさんはRANのちんこの大きさにビビッてしまった。まったく罪なちんこだ(自慢ではない)。
まったく毛の処理をしてないであろう秘部。ジャングルをかき分けながら懸命に愛撫するRAN。
プロとして失敗は許されない(だからなんのプロかはわからないが)。必ずや一発できめなければ。

マグロ状態のRさんも愛撫で息遣いが荒くなってくる。これだけ濡れていれば大丈夫だろう。
挿入を試みるも…あからさまに痛がるRさん。まったく罪なちんこだ(自慢ではない)。
強引ではいけない。相手を傷つけてはいけない。プロフェッショナルRANは慎重にミッションを遂行する。

愛撫を繰り返しながら、言葉でもリラックスさせることを心がける。
本来、男性は処女のこの姿に興奮するのだろうか。その点でRANはわりとノーマルなのかもしれない(それはないと思うが)。
先程以上に秘部が濡れたことを確認し、再度の挿入を試みる。

徐々にRさんの中に入っていくRANちんこ。
痛みを堪える表情のRさん。雑にならないように注意を払いながら徐々に挿入していく。
処女卒業。
さぁこれからがお楽しみの時間だー!ってならないRANはわりとノーマルなのかもしれない(だからそれはない)。

喘ぎ声などはない。Rさんの口から発せられるのは荒い息遣いのみ。
まんこのキツさは感じるが、すごく気持ち良いというわけではない。
なにより長時間、痛い思いをさせてしまってはRさんが可哀そうだ。

早く射精しようとピストンを繰り返すRAN。こんな時に限ってなかなかイケない。
だがプロフェッショナルとして中折れなど許されない。
こんなカワイイ処女の女性とセックスしてるんだ。めちゃめちゃ興奮する…だろ。するにきまってるだろRANよ。
集中、すべてをちんこに集中。20分くらい挿入してしまっただろうか。その後、無事に射精。

汚れた箇所をふき取り、余韻を乱さないようにRさんを抱きしめ、無事に初めてのセックスを終えた。

処女。野郎は幻想だけを抱くべからず

いずれにしてもRさんとは趣味友達の関係は続けるつもりだった。
もちろんRさんが望んでくれるのなら、自分好みのセフレに育成したいという下心はあった。
でも乙女心を考えたら、あんまり思わせぶりな関係は続けないほうがいいのかもなぁ…
なんて贅沢な悩みはすべてコロナ禍によって打ち砕かれた。

緊急事態宣言などなどを経て、Rさんとはラインだけのやり取りが主に。
セフレ関係について考えるのは、状況が落ち着いた後に会ってみてからって感じになるのかなぁ。

初めては好きな人としたほうがいい。
この言葉のように初エッチの後も継続した(主に恋愛)関係を望むのならば、処女は素晴らしい存在であろう。
逆に処女だけを喰いまくりたいなどというのは本当に幻想。
ティーンエージャーならまだしも、そんな男性は存在するのだろうかw

どちらにしろ相手をするのならプレイの時。そしてプレイの後も処女の女性のことを気づかってあげてほしい。
軽いのは男性。重いのは女性。人間っていつの時代もそういう生き物って思わなくもない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Ran

Ran

サイトの発起人。高2の春から週一度のセックスを欠かさず20年経過(最近は記録が途絶える)。「俺に抱けねぇ女はいねぇ」がモットー。

2018年より猥談に投稿を開始する。現在初段。2019年猥談バーよりインタビューを受けるも、アップされた記事はあまりバズらず、一部で感動話として猥談ファンの涙を誘う。

30代後半 / 172cm / 63kg / 経験人数:90人前後(数えてないからよくわからない)。セックスが大好きなだけで基本まじめ。最長セフレ15年。ワンナイトを繰り返すより、特定のパートナーと色んなプレイをするのが好き。

1

Justin Ran氏は俺よりずっとYYC歴が長い訳じゃん?俺の師匠なわけじゃん? Ran まぁそうだね Justin ここらで一つ、YYC内での実績とかRan氏なりのYYCの評価とか語ってほしいとこ ...

2

読者リクエストが来てるんだけど、これはRan氏にお願いした方がいいのかな? Justin Ran なになに?どんなリクエスト? アプリで出会った子で、ちょっと純愛っぽいエピソードないんですか?ってやつ ...

3

質問:ブログをみてYYCで何人かの女性とライン交換できました。だけど僕はあまり女性と接したことがなく…どんな風に会う約束をしたらいいのか分からず困っています。アドバイスをもらえたら嬉しいです。 Ran ...

4

Justin どーも!ジャスティンです!イエイ! テンション高いですねw Ran Justin つねに全力。つねに臨戦モードのジャスティンです! 野郎2人なのにそのテンションw Ran Justin ...

-YYC出会い体験談, セクレポ

© 2021 P-MaitS