YYC出会い体験談

【セクレポ】Aちゃん 27才 保育士

会いたくて会いたくて震える。どうもジャスティンです。

理想の相手っているよね。
正直一緒に気持ちいいことが出来るなら贅沢はいわないけれどw
好みの見た目って当然あると思うし。
理想の年齢だったり、スタイルだったり、そして職業と。
そういうのってみんなあると思う。

はっきり言おう。ジャスティンの理想の相手は保育士。
待て待て待て待て。そういう趣味じゃない!
赤ちゃんプレイとか幼児プレイとか。
待て待て待て待て。そういう想像をするんじゃない!
まぁ俗にいう“授乳手コキ”っていうの?
はっきり言おう。ジャスティンそれは嫌いじゃないw

待て待て待て待て。
流れでノッてしまったがジャスティンの保育士好きには深い理由と歴史がある。
だけど長々と語ると短編小説くらいの長さになるから割愛w

簡単にいうとギャップっていうの?
子供と大人の時間のギャップ。
昼の顔と夜の顔のギャップ。
オン・オフのギャップ。
そういう女性のギャップをジャスティンはすごく欲するわけ。

それはエッチに限ってのことじゃなく。
癒しの大人の時間。それを提供することがジャスティンの使命。
そう勝手に思っている。

癒しに飢えている。大人の時間に飢えている。
そんな保育士の女性はどうかジャスティンを求めてほしい。
このジャスティンが差し出した手を掴んでほしい。
本当に。本気で。保育士の女性からの連絡を待ってますw

理想の相手とエッチしたい

ただね。そうそうそんな理想の相手には簡単で出会えない。
見た目、年齢。ましてや理想の職業に出会うことなんて…運だよ。ほぼほぼ運。

その運に恵まれた時。絶対に負けられない戦いがそこにはあるw

理想の相手をみつけると。このポジティブバカ男のジャスティンでも慎重になる時もある。
体験談からの注意事項としては。
らしさがなくなって“普通”って印象を与えがち。
普段より後手気味になって相手に他の相手を見つけられてしまう。など。
わかるかな、簡単にいうと良い要素は何もないw

理想の相手を見つけた時こそ普段どおり。自然体で接したほうが絶対にいい。

めちゃくちゃタイプの保育士Aちゃん(巨乳)

アプリで出会った絶対に負けられない戦いこと、Aちゃん 27才。
保育士のみならず男心をくすぐる見た目に性格。
ジャスティン騙されてるんじゃねって、そっちの意味で慎重になったw

「楽しそうな人でプロフ画像も気になった」ってライン交換して

「(送ってもらった)写メみたいよ。めちゃタイプなんだけど」と話す
小柄で巨乳の保育士Aちゃん。
やっぱりジャスティン騙されてるんじゃねって、また慎重になったw

毎日のようにラインのやり取りをして一週間後くらいに会う約束。

正直、初対面からいける手ごたえはあった。ビンビンあった。
だからこそジャスティンはテクニックを使おうと思った。

ミニスカートで待ち合わせ場所にやってきたAちゃん。
かわいい!めちゃタイプ!何回「ホテル行こう」の言葉を飲み込んだことかw

そのままデート。ランチをしながらのトーク。初対面を疑うくらいにめちゃ盛り上がった。
ベタにウインドウショッピングなどを初対面かって疑うくらいに手を繋ぎながら楽しみ。

夜景が綺麗な観覧車。ベタに頂上でハグキッス。
平成…いや昭和のトレンディドラマくらいにベタなジャスティン。悪くないw

心の中で天使と悪魔がケンカする中、その日は最後にハグキッスからのバイバイ。
偉いぞと次はあるのかという葛藤の中、帰路についたジャスティンであった。

Aちゃんと2回目の待ち合わせ。ホテルでエッチ

わりと即、次の約束をしたかったけどお互いに忙しく結局2回目の対面は約一カ月後。
その間はラインのやり取りが中心。
すっかり打ち解けたAちゃんは毎日エッチトークできるくらいにノリノリに。
新しい下着買ったんだ、次つけていくねとか。
今日ムラムラして濡れたとかエッチな写メもたくさん送ってくれて…
ジャスティン爆発寸前でおかしくなりそうだったw

子供のおもちゃは毎日使うけど、大人のおもちゃは使ったことない。ってことで。
親切でamazonでおもちゃを用意してあげた心優しいジャスティン。
明日は休みだからお泊りでもいいよといわれ、ラブホじゃないイイ感じのホテルを予約した心優しいジャスティン。
こんな時に職務質問とか勘弁と小綺麗な服装で待ち合わせ場所にむかうジャスティンw

前回よりも短いんじゃねというミニスカートに胸元を強調した服装のAちゃん。

これはもう我慢できんと早々にホテルにチェックイン。
優しいキッスから激しいキッス。
ギャップ。お互いの日常でみせない姿で求め合い興奮が加速。

何度もキッスをおねだりするAちゃんにこれだよ、これ。
ずっと触れたかった…揉みたかった…舐めたかった巨乳を堪能。

すでにアソコは大丈夫?ってくらいの大洪水。
部屋の外まで響いてるんじゃねっていうAちゃんの喘ぎ声。
普通にラブホにすれば良かったんじゃねとちょっと後悔しつつも
さらに激しく攻めて声を大きくするポジティブなジャスティン。

あ、お前を忘れるところだった。ごめんごめんとおもちゃの存在を思い出す。
けどこれ以上、声が大きくなったらwww

そうしているうちにノリノリでパイズリしてくれるAちゃん。
「あれする?」って授乳手コキの体制にw(結局するんかい)
おお…これが天国というやつか。

もうリミッターをふりきったジャスティンはおもちゃを装備。
初めてのおもちゃ攻めに感じまくるAちゃん。
ただでさえ大洪水なのにもはや潮なのかどうか判断に迷う状態w

挿入後、より悶えるAちゃん。
やっぱり普通のラブホにすれば良かったんじゃねと後悔気味のジャスティンw

エロスが全解放され濡れ濡れになった巨乳のAちゃんが自ら腰を振りまくる騎乗位。
おお…ここが日本三景というところなのか。

オカモトゼロワン0.01ミリ

お気に入りのいつものゴムを使いつつ。フィッシュは胸に出すって決めてたジャスティン。
絶対に負けられない戦いなんだと。無駄にこだわりのジャスティン。
余韻を楽しむかのようにキッス。幸せだ。

激しく求め合った後はホテルマンが副業かのようなベッドメイキングタイム。
あんな声を響かせた後によく呼べるなと自分にツッコミつつルームサービスを楽しんだ。
なんやかんやあり過ぎたけどAちゃんは部屋をすごく気に入ってくれたから大満足。

泊まりだからその後もお気に入りのゴムを1箱使いきるくらい楽しんだのはいうまでもない。
更に声を響かせた翌朝に改めてルームサービスを頼んだのは黙っておこう。(いってるけど)

絶対に負けられない戦いも楽しもう

理想の出会い。それはかなり運の要素が大きい。
きたこれ!と思った時こそ普段どおり。自然体。
というジャスティンも100%正解の行動が出来てるわけじゃないけどw

絶対に負けられない戦い。
それさえも楽しむくらいポジティブに理想の相手と巡りあおうぜい!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Justin

Justin

サイトの勃起人。海外をまたにかける股に掛けるプレイボーイを夢見るも歴代セフレは全員ジャパニーズ。かわいい女性をみたら「やんねぇ?」と声をかけるのがポリシー。

まぐれのモテ期を経て人生が波乱万丈に。勘違い野郎と化し「女性はみんなジャスティン好き」という思い込みから数々のエロ失敗メーカーと化す。

40代前半 / 165cm / 60kg / 経験人数:日本人はいっぱいやった。外人は0。基本的にだいぶ陽キャ。女性に対してかなりポジティブ。初回キッスのときめきを好む一方、プレイのクセが強め。

1

Justin Ran氏は俺よりずっとYYC歴が長い訳じゃん?俺の師匠なわけじゃん? Ran まぁそうだね Justin ここらで一つ、YYC内での実績とかRan氏なりのYYCの評価とか語ってほしいとこ ...

2

読者リクエストが来てるんだけど、これはRan氏にお願いした方がいいのかな? Justin Ran なになに?どんなリクエスト? アプリで出会った子で、ちょっと純愛っぽいエピソードないんですか?ってやつ ...

3

質問:ブログをみてYYCで何人かの女性とライン交換できました。だけど僕はあまり女性と接したことがなく…どんな風に会う約束をしたらいいのか分からず困っています。アドバイスをもらえたら嬉しいです。 Ran ...

4

Justin どーも!ジャスティンです!イエイ! テンション高いですねw Ran Justin つねに全力。つねに臨戦モードのジャスティンです! 野郎2人なのにそのテンションw Ran Justin ...

-YYC出会い体験談

© 2021 P-MaitS